お客様に満足いただくため、小さな気配りを積み重ね、最高のサービスを提供したい。

福岡 翔
STAFF VOICE

若いうちから、任せてくれる。チャンスを得られる環境に、惹かれました。

小学生の頃、幼なじみの父が町工場で整備士をやっていました。ツナギを着て働くその姿が格好よく、整備士という仕事がいつの間にか自分の将来の夢へと変わっていました。18歳になって、すぐに車の免許を取得。学生時代は車に夢中になり、専門学校を卒業後はカーディーラーを志望しました。
いくつかの企業の話を聞いていく中で、ダイハツでは若いうちから仕事を任せてもらえるという情報をキャッチ。色んなことに挑戦してみたいと考えていた自分に向いていると思い、入社を決めました。実際に一人で整備をさせてもらえる機会も多く、学びのある日々を過ごせています。

サービススタッフ 福岡 翔
page top

軽自動車の販売台数シェアNO.1。だから、スキルを磨くチャンスが多くある。

負けず嫌い。自分をひとことで表すと、この言葉がいちばんしっくりきます。社会人は、専門学校で整備をするのとは違い、お金をいただきながらプロとして仕事をします。そこには大きな責任があります。入社した当初はそのプレッシャーの大きさに、それまで培ってきた自信は打ち砕かれました。辞めたいと思うこともありました。しかし、そこで踏ん張れたことが、今の自分をつくる大きな要因になったと思います。
「今できないことはたくさんあるけれど、全力でやっていれば、次も仕事がもらえるだろう。」そんな気持ちを持って、声をかけてもらった仕事には、「できます!」と手を上げてチャレンジしていきました。そうすると任せてもらえる仕事も増え、だんだんと仕事が面白くなってきました。また、ダイハツは軽自動車の販売台数シェアNO.1ですから、スキルを磨く機会が多く、成長している実感を得られやすい。そんな好サイクルにある職場環境ですので、日々の仕事が充実していると心から実感します。


決められた箇所以外にも、気を配る。サービスの徹底が、お客様の満足につながる。

入社して3年目。だんだんとできる仕事は増えてきましたが、先輩たちに比べるとまだまだ。そこで自分だけの工夫をするようにしています。それは、「誰も気がつかないところにまで気を配る」ということ。たとえば整備に入った車の該当箇所だけではなく、できる限りくまなく全体を点検するようにする。洗車をするときでも、ワックスをかけて消せるような傷なら直すようにする。
たとえ小さなことだとしても、その気持ちはお客様に伝わるものです。「ずっと気になっていた傷が直っている!本当にありがとう。」と言われたときには、思わず笑顔になってしまいました。とても嬉しかったです。この瞬間を味わえることが、サービススタッフのやりがいの一つだと私は思います。

サービススタッフ 福岡 翔
page top

夢は、すべての車種に対応できる整備士になること。

将来の夢。それは小さな頃に憧れた友人の父のように、全ての車種を自分で整備できる整備士になりたい。そしてお客様から頼りにされる人間に成長したいと考えています。ダイハツには目標とする先輩や上司がたくさんいます。
さらに、「ダイハツサービス技術検定」という制度があります。この制度はサービススタッフとしてマスターすべき点検・整備技術を中心に、入社年数に合わせてスムーズにステップアップできる教育システムです。5段階のレベル検定が設定されていて、一年ごとに段階を経て、技術を高めていくことができます。この制度を利用して自分の技術をどんどん高めていきたい。理想への道のりは険しいかもしれません。それでも、まずはがむしゃらに、一つひとつの仕事に全力投球していきたいと思います!

サービススタッフ 福岡 翔
営業スタッフ 鈴木 太一郎営業スタッフ 町田 直美サービススタッフ 田中 泰裕
page top
地元で活躍したい方必見!!(原則として県外への転勤はありません)
全国のダイハツ販売会社をさがす

北海道地区

東北地区

北陸・甲信越地区

関東地区

中部地区

近畿地区

中国地区

四国地区

九州・沖縄地区