車に関する悩みや生活のことまで、じっくりお話した上で、お奨めする。それが、私の営業スタイルです。

町田 直美
STAFF VOICE

長くお客様と付き合えるかどうかが、会社選びの決め手でした。

就職を考えたときには、特にこれといった志望業界はなく、漠然と販売職に就きたいといった想いがありました。ですので、百貨店や雑貨店、アパレルなど様々な企業を訪問しました。そんなとき、たまたま大学の掲示板でダイハツ販売会社の求人を見つけたのです。
車の営業は、ただ商品を売って終わりではなく、点検、買い替えと長くお客様と付き合っていくことができます。私がやりたかったのは、まさにこの仕事だと感じました。また、ダイハツが主に扱っている車は軽自動車ということもあって女性のお客様が多いので、女性からの視点がきっと役に立つと思い、入社を決めました。

営業スタッフ 町田 直美
page top

口下手を克服するためにはじめたPOPづくりが今では私の武器です。

私の店舗では季節や月ごとに合わせて、オススメのシーズン用品や限定車の取り扱い、お得なポイントが付くなど、様々なキャンペーンを行っています。私は口下手なこともあって、お客様にきちんとご説明するためにも、それらの魅力をまとめた資料を一つひとつ作成することにしています。自分のつくった資料であれば自分のペースで説明することができ、要点も伝えやすいもの。
そのお陰もあってか、それまでダイハツに縁のなかったお客様まで点検や車検を任せてもらえるようになったのです。また、店舗の中には車の機能の紹介や、くつろいでいただくためのカフェメニューといったような、たくさんのPOPや紹介ファイルがあります。最近ではそういったものまで任されてつくるようになってきました。


「まるでうちの孫みたい。」お客様からいただいた嬉しいお言葉。

私の販売スタイル。それはガツガツしないことです。自分に課せられている目標は、もちろん理解しています。焦りそうになるときもあります。それでも私はお客様にただ車を売るだけのような営業スタイルは取りません。お客様一人ひとりと、車に関する悩みから生活のことまで、じっくりと話をすることからはじめます。そのスタイルを貫いたおかげで社内での女性販売ランキング1位という結果を出すことができました。自分でも驚きましたね。
実は新人の頃の私は、結果を残すことのできない営業でした。あるとき、「このままだといけない、とことんお客様と向き合うことからはじめてみよう」と思い、実行してみたのです。それがよかった。お客様のことを知らなくては、お客様が望んでいる車を奨めることなどできるはずがない。今になってようやくわかるようになりました。現在ではたくさんのお客様から、ご紹介をいただくことも増えてきました。「まるでうちの孫みたい。」そんな嬉しい言葉をかけてもらうこともあります。このような縁をこれからも大事にしていきたいですね。

営業スタッフ 町田 直美
page top

目指すは女性店長。女性ならではの視点を生かしたい。

当面の目標は、社内で実施されている年間表彰で、どれか一つの項目でもいいのでベスト10に入ることです。 お客様とじっくり話をするスタイルで、より多くのお客様に支持をいただく機会を増やしていきたいですね。 そしていずれは店長になって、女性の視点を生かした店舗づくりを行っていきたいと思っています。入りやすくてくつろぎやすい、女性ならではの気配りが行き届いたアットホームな店舗をつくることが目標です。これからも前を見て、一歩ずつ進んでいきます。

営業スタッフ 町田 直美
営業スタッフ 鈴木 太一郎サービススタッフ 田中 泰裕サービススタッフ 福岡 翔
page top
地元で活躍したい方必見!!(原則として県外への転勤はありません)
全国のダイハツ販売会社をさがす

北海道地区

東北地区

北陸・甲信越地区

関東地区

中部地区

近畿地区

中国地区

四国地区

九州・沖縄地区