軽自動車とダイハツ

軽自動車の市場 人々のくらしに浸透する軽自動車

現在、国内の自動車市場に占める軽自動車比率は39.0%、つまり、3台に1台以上が軽自動車という時代です。
なぜこれほどまで軽自動車が人々に選ばれているのか、その魅力と軽自動車市場におけるダイハツの立ち位置についてご紹介します。

自動車保有台数・軽自動車比率の推移

page top
なぜ、軽自動車は選ばれているのか 経済性とエコ、使いやすさ、そして安全性の向上
01.経済性
車両購入時の価格以外にも、軽自動車は普通車に比べて税金が低く、維持費も安く抑えられます。もちろん、燃費の良さも軽自動車の魅力で、そういったおサイフにやさしいところも、軽自動車が選ばれている理由のひとつです。
おサイフにやさしい

02.エコ
クルマが環境に与える影響は、乗っているときの排出ガスだけではありません。生産するときに希少な資源が使われたり、メンテナンスのときにエネルギーが消費されたり、CO2排出も起こります。だから、クルマの一生を通して、環境への優しさを考えることが大切です。
軽自動車は走行するときには低燃費でCO2の排出量を抑えられ、つくるときには省資源で済みます。そして、廃棄やリサイクルの際も、環境に与える影響が少ない。クルマの一生を通して考えてみると、「スモールであること」は大きな「エコ」なのです。
LCA(ライフサイクルアセスメント)

03.使いやすさ
車両がコンパクトだからこその使いやすさも、軽自動車の魅力のひとつです。日本の道路の約84%は、道幅平均3.8mの狭い市町村道ですが、車幅1.48m以下の軽自動車なら対向車とのすれ違いも安心して運転できます。
車両がコンパクト

04.安全性
軽自動車の安全性能が飛躍的に向上していることも、軽自動車が人々に選ばれている理由のひとつです。ダイハツでは、人々の暮らしに一番身近な軽自動車こそ、安全が必要であるという想いで、軽自動車で初めて、衝突回避支援システム「スマートアシスト」を搭載、累計販売台数100万台(※)を突破しています。
※ '12年12月〜'16年7月末、衝突回避支援システム「スマートアシスト」「スマートアシストⅡ」搭載車両の累計販売台数(OEM車両除く)

100万台 突破
page top
軽自動車のトップブランド 軽トップブランドのノウハウで、さらなる商品力強化を目指す
ダイハツは2006年度以降、11期連続で軽自動車の新車販売のシェアNO.1を獲得することができました。このようにお客様の支持をいただけているのは、お客様の暮らしに正面から向き合い、お客様の求めるものを常に提供し続けてきた結果であると考えています。
そして、これからのダイハツは軽トップブランドとして培った技術やノウハウをスモールカー領域にも拡大し、さらにお客様に満足していただける商品、サービスの実現を追求していきます。
2015年度 軽四輪車新車販売台数
採用メッセージダイハツの技術ダイハツについて
page top
地元で活躍したい方必見!!(原則として県外への転勤はありません)
全国のダイハツ販売会社をさがす

北海道地区

東北地区

北陸・甲信越地区

関東地区

中部地区

近畿地区

中国地区

四国地区

九州・沖縄地区